アマンダ・ルイスへ捧ぐ詩

アマンダ・ルイスへ捧ぐ詩

次世代エネルギー1

カテゴリー:エネルギー

次世代のエネルギー源として可能性が見出されているものに、原子力発電と自然エネルギーという2極があります。

1953年にアイゼンハワー大統領が原子力の平和利用を宣言してから、米国は原子力発電技術のトップをひた走っていました。 日本もそれに続けと言わんばかりに、原子力研究を行い非核三原則に抵触しない範囲で、開発を行ってきました。 世界中で研究が進むにつれて原子力利用の負の部分が解明されてくると、様々な懸念が浮き彫りとなりドイツのように原理力発電の利用を中止する先進国も出始めました。 アメリカのスリーマイル島原発事故、ロシアでのチェルノブイリ原発事故、日本の福島第一原発事故など、想定されていたヒューマンエラーによる問題も発生しました。 何よりも核廃棄物の処理問題は深刻で、放射性廃棄物の半減期は長くて数万年空~数百万年の時間を有する物質まで発生してしまいます。 明確な処理方法が定まらぬまま、人類の負の遺産をひたすら溜め込む行為には多くの課題と疑問が残るのが現実です。

続きを読む »

炭素問題

カテゴリー:環境

カーボンニュートラルという考え方があります。 一人の人が生きている間に行う活動で排出するCO2の量を0にするという考え方です。 厳密に言うと地球の地下(岩石圏)にある炭素を地上(大気圏)に放出させないということです。 me達が普段何気なく使っているガソリンも、地中深くに眠る化石燃料を掘り起こして、燃焼させることでエネルギーを得るため、 カーボンニュートラルという概念に反することになります。 石炭や石油、天然ガスやメタンハイドレートなどの化石燃料は、燃焼させることで大気中に大量の温室効果ガスを発生させてしまうため、 地球環境を著しく損ねると考えられています。 ましてや森林の深刻な伐採や海水温度の上昇による炭素吸収能力の低下が地球温暖化を加速させています。

続きを読む »

マヨネーズからみるエネルギーのお話

カテゴリー:エネルギー

5年ほど前に食品大手のキューピーは、マヨネーズの販売価格を17年ぶりに引き上げました。 理由は大豆などの原料が高騰しているためということでした。 その他にも小麦粉を使われるお菓子などの価格が上昇したり、値段を据え置いて内容量を減らす等の現象もみられました。

背景には世界の食糧庫であるアメリカの大手穀物メジャーが、国策であるバイオエタノール精製に必要なトウモロコシの生産を押し広げたことに起因します。 バイオエタノールの製造は、サトウキビまたはトウモロコシを発行させて蒸留するのが、主流の方法です。 政府おすみつきの事業なので生産者の期待も高まり、小麦や大豆の生産からバイオエタノールの原料生産へ切り替えることに繋がりました。 また、マーケットの期待感と中長期の利益を目指した投資家の資金が集中することで、実際の消費市場より大きな偏りを生み出すことになりました。 またバイオエタノールの推進のために、アメリカ政府から大量の補助金が支給されており、より一層穀物生産と供給の不安定さを加速させました。 結果として砂糖やトウモロコシ、小麦などの穀物の値段が上昇することで、アメリカからの穀物の輸入に頼る為替の弱い貧困国の食糧事情を悪化させることになりました。

続きを読む »

砂漠化と課題

カテゴリー:環境

世界の砂漠化は驚くほど早いスピードで進行しています。 現在世界最大の国家である中国の北部では、長引く干ばつや人口増加にともなう過剰な農業開拓や森林伐採によって砂漠化が進行し、 年間約65億ドルもの経済的損失を出すほどに深刻な状況です。 日本の4倍もの面積の砂漠が広がり、荒れた不毛な土地では砂嵐が年に35回ほども発生し、日本には春先に大量の砂埃が舞って来る黄砂の増加がおきています。

エジプトのピラミッドが砂漠にそびえ立つ姿や、アメリカ軍がイラクの荒涼とした大地を進行する姿は日本人の目にも記憶に新しいと思います。 古くエジプト文明やメソポタミア文明が栄え出す数千年以上前には、それらの土地は非常に肥沃でナイル川やユーフラテス川の恩恵を最大限に生かした農業に適した土地でした。 しかし、当時の文明を築いた人々による生活圏の拡大によって大量の森林が伐採され、上流に貯えきれなくなった雨水が大量の土砂となって土地を押し流し、 アルカリ性化と塩性化を招いた土地は段々と痩せ細っていきました。 結果として現在のエジプト周辺やイラク周辺には大規模な砂漠が形成されていったと考えられています。

続きを読む »

サウジアラビアとエネルギー資源

カテゴリー:エネルギー

meの古い友人に中東の大国であるサウジアラビア王国で働いていた男性がおり、環境問題に感慨の深いmeはエネルギー問題についてよく語り合うのです。 サウジアラビア王国はコーランが法の最上位とされ、イスラム教の絶対君主制をとる政教一致国家です。 歴史的な背景において、長い時間で中東戦争などの影響を受けており、敬謙なイスラム国家である割には、国際社会との関わりを比較的良好に保っている中東国といってもよいでしょう。

現代の人類において主流なエネルギー源である石油の埋蔵量が、世界で最も多い国家であるといわれています。 生産量が多く消費量が多いロシアなどと違い、国内市場の規模が小さいサウジアラビアの原油輸出量は世界一を誇ります。 イラン、イラク情勢が不安定な近年では欧米やアジア諸国には重要な貿易パートナーとなっています。

続きを読む »

Copyright (C) アマンダ・ルイスへ捧ぐ詩 All Rights Reserved.